タバコが百害あって一利なし!

ということは誰もが知っていることですね。

抜け毛を本気で改善したいと願っているのなら禁煙をおすすめします。

頑張っているのに「抜け毛が改善できない」理由はタバコにあるかもしれませんよ。

今一度、自分を見直す為にどのような悪影響があるかお伝えしていきますね。

抜け毛を改善するならタバコはNG!

タバコを吸うことで一番の悪影響はビタミンCが失われることにあります。

ビタミンCは髪の育毛を促進があるのですが、これが失われると薄毛が進行しやすくなってしまいます。

ビタミンCが失われると抜け毛の原因となってしまうので注意が必要です。

頭皮だけでなく健康にも悪いので、早めの禁煙をおすすめします。

ビタミンCが不足することでコラーゲンやヘアサイクルが低下し、抜け毛の治りが遅くなってしまいます。

きちんとケアしているにも関わらず、なかなか改善が見込めないのはきっとタバコのせいでしょう。

タバコが原因で抜け毛が改善できない理由とは?

ストレス

ストレスにより抜け毛が悪化することはよくあることです。

タバコはストレス解消にはならないことは科学的にすでに証明されています。

むしろ自律神経が乱れ、頭皮の代謝が弱くなってしまうのです。

本当にストレスを解消したいのであれば、タバコではなくスポーツやサウナなどがおすすめです。

自律神経の乱れはとてもつもなく髪に悪いということを覚えておいて下さいね。

ヘアサイクルが低下する

タバコを吸うことでビタミンCが失われることは冒頭でも説明した通りですが、ビタミンCはコラーゲンを生成する大切な成分です。

コラーゲンが不足すると当然ながらヘアサイクルは弱まります。

ヘアサイクルが正常でない頭皮はいくら高品質な成分を使っても抜け毛の改善は望めません。

だって、髪が生まれ変わらないのですから!当然ですね。

 

抜け毛を解消したいならタバコは厳禁!

当サイトで紹介している女性用育毛剤を愛用したとしても、タバコを吸っている状態では抜け毛の改善は難しいと思いましょう。

頭皮に良い影響を与えるはずがありません。

タバコをやめるだけでも髪に良い影響があることは間違いないのです。

ビタミンCが失われ、髪の毛がボロボロになってしまいますよ。そればかりか抜け毛は一生治らないかもしれませんよ。

そのような事態になっても良いのでしょうか?

タバコをやめるくらいなら抜け毛が治らなくても良い!という方は結構なのですが、そんな人は少ないはずです。

特に女性であれば、タバコはマイナスイメージしかならないので早いところやめた方がいいと思います。

 

⇒女性用育毛剤ランキング!実際に試して良かった商品はこれ!